たの日記

日記と見せかけた雑記、と見せかけて中身は全て日記

名探偵コナン11巻から20巻まで読んだ感想

 

f:id:tanotanonikki:20181007094542p:plain

 

www.tanonikki.xyz

 前回長かったので、今回はなるべく短めにいこうと思います。

またこちらは読書感想を箇条書き風に書いてるだけなので、暇な人以外読まないでください。

 

 

まず12巻で服部平次再登場。

ここでコナンが工藤新一だと気づきます。(蘭姉ちゃんなぜ気付かない!)

 

 

13巻では最初から犯人が分かっていて、後からコナンが謎を解くサスペンス風の事件がある。

また、阿笠博士とコナンがタッグを組み(コナンの声に阿笠博士が口の動きを合わせる)解決する事件も初登場。

 

 

14巻にて蘭姉ちゃんがガチでコナン君を新一だと再び疑いだしますが、新一の母、工藤有希子のファインプレイによりこれを阻止。

群馬県警山村刑事も初登場。

 

 

てか園子の事件のとき、金持ちなだけあって絶対ビーチやら別荘やらの出先で事件が起きている印象がありまする。

 

 

あと個人的にここまでコナンを読んでいて、アリバイってめっちゃ重要だな、って思いました。(当たり前か…)

 

 

 

15巻では蘭姉ちゃんが新一の手を借り事件を解決するパターンもあり、またTWO-MIXが作中に登場してめっちゃビビりました。

 

 

TWO-MIXって言ったらもちろんコナン君の声優でもある高山みなみさんがボーカルを務めていますが、個人的には新機動戦記ガンダムWの主題歌の印象が強いです。

 

作中で登場した際にはOVA版である「新機動戦記ガンダムW Endless Waltz」の主題歌である「LAST IMPRESSION」を歌っています。

スパロボガンダムWを知った中学時代が懐かしい…)

 

 

 16巻では怪盗キッド&中森警部初登場。

鈴木財閥の財宝を狙ってキッドが現れるのですが、ここで園子のお母さんとお父さんが初登場します。

個人的には「お母さんとお父さんって登場するんだ…」とビックリしました。

 

18巻では高木刑事&灰原哀が初登場。

ちなみに高木刑事は当初アニメオリジナルキャラで、元太君役の高木渉さんが声を担当しています。(にわかなのでウィキペディア見てビビりました)

 

本来は名前なしのモブキャラクターだったが、目暮警部役の茶風林からアドリブで名前を尋ねられた際に声優の高木渉が「高木です」と自分の本名を名乗るというアドリブで切り返したことから、定着した

高木渉 (名探偵コナン) - Wikipedia 引用

 

 

19巻にて遠山和葉初登場。

ちゅーか平次のパパは警視監で和葉のパパは警視長なんやね…。

平次と和葉が結婚したらどうなっちゃうんねん。

 

また19巻ではサッカーの事件のときに、佐藤刑事もちょろっと初登場しています。

 

 

 

 突然ですが、ここで名探偵コナンにおける個人的主要キャラを登場人物順に並べてみました。

 

  1. 沖野ヨーコ  1巻
  2. 目暮警部  1巻
  3. 宮野明美
  4. 少年探偵団3人
  5. 鈴木園子  5巻
  6. 横溝刑事  6巻
  7. 服部平次  10巻
  8. TWO-MIX  15巻
  9. 怪盗キッド   16巻
  10. 中森警部  16巻
  11. 高木刑事  18巻
  12. 灰原哀   18巻
  13. 遠山和葉  19巻
  14. 佐藤刑事  19巻

 

 

ここまで読んで気付いたのですが、白鳥刑事が登場してません。

ウィキペディアを見てみると…

 

 時計じかけの摩天楼』のシナリオでは容疑者候補が森谷帝二に絞られていたため、それを補うために犯人のダミー役として登場することとなった

 

白鳥任三郎 - Wikipedia

 

白鳥刑事ってアニメオリジナルキャラだったんですね。

初めて知りました。

 

ここまで読んだ印象としては、意外と少年探偵団の出番が少ない気がします。

 

てかコナン面白すぎ。グイグイ読めちゃうわ。

僕の母親も日本史探偵コナン買ったし、コナンブームが来ております!

 

では!