たの日記

日記と見せかけた雑記

バンドメンバー募集しても集まらないなら〇〇を捨てろ


スポンサーリンク

メンバー募集してるのに連絡が来ない。

自分から声をかけてもなかなか見つからない。

 

そんな経験はありませんか?

 

 

…そうかつての私です。

 

 

このページを見ていただいたあなたに、私と同じような失敗をしないためにこの記事を書きます。

 

バンドで売れたい。成功したい。

そういった思いで田舎から都会にでてきても全く前に進めない。

 

もどかしい思いをしているあなたに贈ります。

 

f:id:tanotanonikki:20171117234456p:plain

 もくじ

 

 

 

 

スタジオやライブハウスの張り紙なんて無意味

 

 

このご時世、張り紙でメン募している人は少ないと思います。

 

さらに張り紙でのメン募はほとんど効果はありません。

 

女性ボーカルがバンドメンバーを募集する。やりたい音楽がかなり合致している。

こちらの条件を満たしていなければ連絡は来ないでしょう。

 

私も張り紙でメン募を募ったのですが、返事が来たことは一度もありませんでした。

 

また張り紙での募集には音源のURLやQRコードを載せてもそもそも聞いてもらえないといったデメリットもあります。

 

メン募サイトに募集記事を載せただけで満足している

 

これでは完全に受け身になってしまいます。

 

あなたがどんなに好きなバンドや、やりたい音楽をネットに載せたとしても、そこに共感してあなたのバンドに加入してくることはまずないでしょう。

あなたがどんなに素敵なオリジナル曲をあげても結果はいっしょです。

 

本気でバンドメンバーを見つけたいなら自分で行動するしかありません。

 

あなたがギターボーカルでベーシストやドラマーを募集しているなら

探しているパートの人が声をかけやすい記事をあげるように心がけましょう。

 

あなたが「プロ志向」「音楽性」「性別」「年齢」…

これらを選別していたら永遠にバンドは組めません。

 

 

本気でバンドを組みたいんですよね?

 

バンドを組めないならあなたは夢への一歩をいつまでたっても進めません。

バンドを組めて初めて0を1に変えることができます。

 

だからメンバーは自分で探すしかありません。

待っていてはだめです。

 

あなたがバンドで売れたい。成功したい。

あなたがどんなにいいと思ったオリジナル曲を作ったとしても誰も声をかけてはくれません。

 

あなたが探すしかないんです。

 

加入希望でベースやドラムを演奏してくれる人に片っ端から声をかけましょう。

 

 

結局行動力が足りない

 

張り紙やネットでのメン募

不特定多数の人とつながるメリットは確かにあるのですが、やはり実際に人と対面して会うとではつながりの強さが違います。

 

つまりメン募でつながりがつかめないなら

 

あなたがメンバーが見つかりそうな場所に飛び込む

 

これしか有効な手段はありません。

 

あなたが学生なら軽音楽部に入る、楽器が演奏できる人と友達になる。

手段はいくらでもあります。

もしそんな勇気がないというなら悲しいけれどあなたの実力はそこまでです。

そんなこともできないのなら

あなたがバンドを組んで成功したい

という思いはそれまでだったということです。

 

さっさとほかにやりたいことをみつけてください。

 

あなたが学生ではないのなら音楽スタジオや楽器店またはライブハウスに勤めるという方法があります。

 

そんな職場ならまわりは音楽好きだらけです。

あなたが「バンドを組みたいけれどメンバーが見つからない」

と言えばきっとあなたを手助けしてくれる仲間や先輩が見つかるはずです。

 

〇〇を捨てろ

 

それでもバンドを組めないなら自分のプライドを捨てるしかありません。

 

どうしてもボーカルやギターがやりたくても変わりはいくらでもいます。

自分がやりたい曲があるなら自分が歌わなくても演奏できればいい。

つまり

 

見つからないパートにあなたがチェンジしましょう。

 

ベースやドラムにパートチェンジするということです。

何回も言いますがバンドを組めなければ最初の一歩すら歩めません。

どうしてもギターボーカルがやりたかったとしてもそんなプライドは捨てましょう。

もしくは

ボーカルやギターを募集しているバンドに加入する。

これしかないと思います。

 

 

まとめ

 

バンドを本気で組むために重要なことをまとめます。

 

・張り紙やメン募サイトに載せただけで受けにならない。

・自分で行動してメンバーを見つける

・年齢、性別、音楽性で選別しない、バンドを組めないならいつまでたっても一歩も前に進めない

・メンバーが見つかりやすいような環境に飛び込む

・プライドを捨て、自分のパートチェンジすらいとわない

・逆に自分が他のバンドに加入する

 

いかがだったでしょうか?

あなたの考えに少しでも役立てたら幸いです。

 

自分を信じた人間にしか夢は叶いません。

諦めたらそこで試合終了です。

 

諦めるという考えもありでしょう。

全ては自分次第なのです。

 

 

f:id:tanotanonikki:20171117234540p:plain